So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

100回泣くこと

中村航の「100回泣くこと」を読了
先日「僕明日」を読んでから、
恋愛小説 おすすめでぐぐってみたところ
恋愛小説おすすめ○選とかいうサイトにぶち当たり
そこから何冊か見繕った1冊が今回読了したものです。
この本は1日よ読み終えることができました。
行き帰りの電車で読了とはちょっとびっくりしました。
さくさくと読み終えることができたということです。
内容は、付き合っている男女が結婚前提に1年前に仮結婚と題して、同棲を初めていくのだが…ってとこでしょうか?
あとはタイトルから推測するに…といったところです。
相手のことを思うとっていうところはすごく共感できるってところでしょうか?
今自分にできることってなんだろうとか?考えさせられました。
個人的には、前半の仮結婚期間の決め事が多くて
感情移入があまりできませんでしたが、
ここらへん、私がまだ所帯を持つ前ならもっと違った感じに受け止めることができたかもしれません。
引き続きこの手のジャンルを読みふけって読みうかと思ってます。

レベル7

宮部みゆき「レベル7」を読了
ちょっと前から読み始めていたのですが、
途中、期間限定で借りることができた書籍があって
間があいてましたが、ようやく読み終えました。
タイトルからして謎なので
タイトルとどう関係するのか?ってのを考えならが読んでたら気づいたら、
はまってました。
緩い感じにクロスする人間関係、その加減がいい感じでした。
隠された真実ってのが2点3点あって
最後まで誰が味方なのか敵なのか?ってのがあり楽しめました。
映像化したら楽しめるだろなぁと
思って調べたら2012年にTSBでドラマ化されてました。

ぼくは明日昨日のきみとデートする

七月隆文さんの「ぼくは明日昨日のきみとデートする」を読了
この手のジャンルはほとんど手を出したことないのですが、
今年の7月ごろに進められ
物は試しで図書館で予約していたものです。
ようやく借りることができました。
人気なんですねぇ。
私も100人以上待ちの状態でしたがようやく順番が回ってきました。
知人に100以上も待ちのものを
よく待てますねぇとかいれますが、
個人的には、「積み書籍が結構あるので、すぐに読めなくてもいいって感じなんですわ」
と言ってたりしている感じです。
小説は、結構薄いのですぐ読めますよと聞いていたので、読み始めて
すぐにスイッチがはいって一気に読み切ったってところです。
読み終えて、何か所か見返したところがありました。
ネットなどで見たところ、ふれこみ通りで、まんま作者の意図した感じになったって感じでした。
心構えなしに読み始めたのもあって余計にぐっときました。
なんどか目頭が熱くなってたり…。
仕事行く車中でちょうど丹波橋を通過したあたりでした。
それもグッとくるところした。
舞台が京都だけに親近感が結構湧いてたのもあったかもしれません。
あの商店街も何度も通ったことありますし、宝ヶ池近辺も結構しってたりするので、
まだ余韻に浸っている感じです。
また読み直したいなぁと思ったりしているところです。
結構気に入ったので、今度この手ジャンルにもあれこれ読み漁っていようかと
考えているところです。

万能鑑定士Qの謎解き

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの謎解き」を読了
これは
ちょっと前に読んだ
「万能鑑定士Qの探偵譚」の続きのようです。
このほかに、最後もう一冊あるようです。
今回は突然話が進んだところから徐々に今回の話が
どうなのかってのを紐解いていくって感じでした。
今までの話通り結構テンポよく読めたのですが、
終盤ちょっとまどろっこしいなぁというところありましたが、
いい感じでしたねぇ。
それにしても今回も日本から出ての話なので
スケールがでかい。
あと一冊はいつ読めるかなぁといったところです。

大文字登山

23日の祝日、幼稚園イベントで大文字登山してきました。
4年ぐらい前に初めて登ってからの2回目です。
23日は朝から結構冷え込んでいたので、
それなりに着込んでいってきました。
天気は曇りで、雨降ったらいややなぁと
いう感じでしたが、なんとか降らずに済みました。
昼過ぎに登ったころには、太陽が見え隠れしているような感じでした。
京都の景色を見ながら弁当を食べて気持ちがよかったです。
大文字というと思い当たるのは、8月にある送り火でしたが、
今では1時間ちょっとで登れるお手軽な山って感じもあります。
23日も結構な人が登ってましたよ。
登り口は銀閣寺横からと蹴上の2か所からあるようです。
私は銀閣寺側から登りました。
蹴上の方から登ったほうがきついようなので、
いつか、蹴上の方からも登ってみたいと思ってます。

しのぶセンセにサヨナラ

東野圭吾の「しのぶセンセにサヨナラ」を読了
以前、前作の「浪花少年探偵団」を読了していたので
続きを読んでおこうと思って、
ようやく読むことができました。
今回はしのぶ先生がより高見をめざすため
一時大学生になりその時に起こった時の話です。
前作同様会話文が関西弁なので、めっちゃ浸し見やすいので、ほんと日常会話のようにさくさくと
読めました。
また掛け合いもいい感じでしたね。
大きくなった。元生徒たちもいい味を出してました。
今作でこのシリーズは終わりなのは、残念ですが、
これぐらいがちょうどいいのかもしれないですね。

山善 ミニセラミックヒーター DMF-SA064(T)

これから寒くなる季節なので
自宅の机の脚元にということで
ミニセラミックヒーターを購入しました。
写真にあるように非常にコンパクトです。
レビューをみても狭い部屋で使っている人が
多いようです。
私の机も狭いところにあるのでちょうどいい感じです。
ボタンもシンプルにon/offのみ
私好みです。
早速、机の脚もとにおいたらちょうどいい感じでした。
今日はまだつかってませんが、12から3月と重宝しそうです。

前の7件 | -