So-net無料ブログ作成
検索選択

夜よ鼠たちのために

連城三紀彦の「夜よ鼠たちのために」を読了
これも以前から読んでみたくて
いつも言っている図書館とはちがうところへいったところ
おいてあったので
借りたものです。
予約するのではなく、行ったときに偶然あるっていいですよねぇ
そういう借り方をよくする感じです。
読んで思ったことは、まずはこの本は短編集ということで
あれっとなりましたが、それぞれの章どれも
作者が誘導する方向とは一つ筋が違うところが結末になっており、なるほど、うまく誘導したなぁという感じでした。
ブラックな感じもあったりしっとりした感じもあったりと
いろんな話が楽しめました。

nice!(25)  コメント(0) 

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。