So-net無料ブログ作成

万能鑑定士Qの短編集I [書籍]

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの短編集I」を読了
事件簿、推理劇と読み進めてきた当方。
他にも借りることができたので
そちらを読んでおります。
短編集はまだ東京にいるときのこぼれ話的な感じでした。
まず表紙を開いて目次をみておもったことは
今までみたいに細かく割れていなくて、1話1話まとまった感じで構成されてました。
個人的には、細かく分かれていた方が読みやすかったですけどねぇ
まーそれでもさくさくと読むことができました。

ワコーズ GLC ガラスクリーナー 泡状ガラスクリーナー

今日は天気が良かったので前に購入した
ワコーズのガラスクリーナーを使って車のガラスの掃除をしてました。
前にワコーズの商品は
バリアスコートにて性能の良さは知っているので
ガラスクリーナーも期待できるのではと思ってのことでした。
結果的に、吹きかけて磨いた感じが今まで使ったガラスクリーナーの中で一番いい感じでした。
掃除した後の肌触りが何と言えないサラサラな感じ。
今まで使っていたクリーナーではふき取った後の引っかかりとか感じて
納得のいくまで磨くと相当な肉体労働でしたが、ワコーズのガラスクリーナーは、
体力的にもやさしい感じでした。さらっと吹いた後あとのひっかかりがほとんどなく、納得いくまできれいに拭くのに今までかかった時間の半分以下といった感じでした。
掃除後、早速車を使ったことがあったのですが、
視野のクリアな感じが最高でした。
車の掃除はワコーズ一色なりそうです。
あとはこれがどれぐらい持続するのか?ちょっと気になるところです。
バリアスコートは結構もったので今回も期待したいところです。

返品作業

本日、家にあったプリンタが壊れたので
新たに注文したプリンタどうも壊れていたらしく、
交換することに、えらい時間を費やしたがたどうにもならない…。
こういうことってたまーにありますが、
最近の個人的な感覚としては
年に1回はこういうハズレを引いているような感じでおります。

万能鑑定士Qの推理劇 IV [書籍]

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの推理劇 IV」を読了
今回は小笠原君がちょっと活躍しているなぁと
思ったらこのシリーズここで一応一区切りつく感じだったですなぁ。
"Uと3"なんかは笑わせてもらいました。
それに最後は一気に問題解決に向かうところは
なんかあっさり視点なぁと思ったりしました。
そういえば先日の小説画像が違ったので差し替えないとw。

神の値段 [書籍]

一色さゆりさんの「神の値段」を読了
この作品は第14回「このミステリーがすごい」大賞の
大賞作品です。
この作者の方当方が行っているジムで知り合いになった方の
娘さんということで私の周りではもう読んだ?というのが
ありましたが、私もようやく読了しました。
まだ、出たばかりということで新書のみということで
図書館にGWぐらいに予約して先日ようやく借りれた作品でした。
皆さんこの作品読みたいんですねぇ。
私も楽しみしていたのですらすらと読んでいけました。
アートミステリーというキーワードだけ聞いていたので、
どういう展開なのかわくわくしながら読んでいけました。
個人的にはアートの分野に精通していないので、
終盤のオークション部分がちょっと長くない?と思ったぐらいでした。
謎解きはあっさりした感じでした。
次回作期待したいところですね。

ADATA 2WAY Lightningカードリーダー SD,microSD両対応 AMFICRWH

ipad で旅行に行ったときの動画をみたいなぁと
思ったので、こういうものを購入してみました。
というのも、自宅にあるipadは32GBしかないので
動画を入れるのが結構厳しい
なもんで、外付けでいいのないかなぁと
思ったらこれに行きつきました。
まだ使ってませんが、MTSをMP4なんかに変換して
見てみようと思ってます。

万能鑑定士Qの推理劇 III [書籍]

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの推理劇 III」を読了
今回は今までの本のサイズよりも若干厚めでした。
読んでみて思ったのは、
前降りがえらい長いなぁというのを感じました。
それから、今回も各国を飛び回るのですが、
小回りがえらい効くなぁといった感じでした。
最後はきっちり解決してほっとした感じです。
最後あたりにでてきた方は、今後の敵に相当するかたなんでしょうかねぇ。
次も引き続き読みたいところなのですが、
図書館より予約していた書籍がよめるようになったので
そちらを優先して読もうかと思ってます。

万能鑑定士Qの推理劇 II [書籍]

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの推理劇 II」を読了
今回は最後には見事に解決するのですが、
なんとも物悲しい感じが最後に残るってのが
今までとちがうなぁといったところです。
引き続き、このシリーズを読んでいこうと思ってます。

万能鑑定士Qの推理劇 I [書籍]

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの推理劇 I」を読了
引きつつづ別シリーズもお借りしているので
そちらをさくっと読んじゃいました。
それから今回から登場する
浅倉絢奈ちゃんなんですが、今後登場する頻度が多くなるのかなぁ
今回も謎解きを一緒になって考えたりできて楽しかったです。
それから帯に「中学生」と書いてますが、
全く気にせず読んでます。
Bookカバー必須ですかねぇw

万能鑑定士Qの事件簿 XII [書籍]

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの事件簿 XII」を読了
本作で一応このシリーズは終わりっぽいですが、
この続きはまた別のシリーズがあるようなので
この後はそちらを読んでいく予定です。
本作の表紙がこれまた完全な思わせぶりでした。