So-net無料ブログ作成
検索選択

ふがいない僕は空をみた [書籍]

窪美澄の「ふがいない僕は空をみた」を読了
これも恋愛小説に関するおすすめランキングに入っていたものです。
読み始めて数行で引き込まれたのは当方です。
まーこの手の話が男なら多少なりともってところですかねぇ。
読み進めていくと、斉藤君の話で続くのかなぁと思ったら、
そうではなくて、5人の目線からなる話でした。
初めの二人の話は高校生の目線、そして不倫相手の目線
といったところでした。
不倫相手の目線での話もこれまた嫁姑問題があって
こちらはこちらでどろどろしてました。
他の3人は、これまたちょっと離れたところからの関係性でしたので
それはそれで周りの人たちって感じがすごく伝わったりしました。
4人目の福田君の家庭の話はこれはこれでまた大変やなぁ
思って読んでました。
あくつとの関係ってこの後どうなるだろうと思ったりしてました。
最後斉藤君のかーちゃんの話でおわったほっこりしたってところでした。
人間社会における問題がこの本沢山もりこまれているなぁと感じました。

DIATEC Key Puller

今年の年末キーボードの掃除をしようと思って
こういうものを購入しました。
取り外せるキーボードなんで
年末取り外して掃除しようかなぁと思っております。

阪急電車

有川浩の「阪急電車」を読了
これも恋愛小説に関するおすすめランキングに入っていたものです。
宝塚駅から西宮北口へ
そして
また西宮北口から宝塚駅へ戻るその路線でのそれぞれの
人間関係、ほっこりするものもあれば
青春を感じるものなんかもあったりして
おすすめランキングへ入るだけのことは
あるかなぁと
思ったしだいです。
最近、手元に残している小説を整理しているのですが、
これは残しておこうかと思っているところです。

万能鑑定士Qの最終巻 [書籍]

松岡圭祐の「万能鑑定士Qの最終巻」を読了
これでようやく完結といったところです。
この巻は知人に借り読むことができました。
感謝です。
読む前に、この間は講談社から出版されているということで
もともと角川だったのに、どうなるかと思ったら
読み始めて数ページですごい展開に…
出版社が変わればといったところなんでしょうか?
それから話を読み進めていったら最終話ということもあって
オールスター感が満載感じでした。
謎解きは途中まで順調であとはうまく纏めたって感じですかねぇ。
最後はハッピーエンドっていうのは読めてましたが、
やっぱりでした。
すっきり読めてよかったです。

E-PRANCE[レジスタードトレードマーク] 折り畳み傘 手動 撥水性 シンプル 8本骨 108cm ブラック

今までボタン式の折り畳み傘を愛用していたのですが、
どうも使っている傘のボタンが勝手に押されている状態で
閉じるとき困っていました。
折り畳みで、広げた時結構な広さを確保できて、
ボタン式でないものをという条件で探していたところ
写真の商品がまさに条件にぴったりだったので
購入しました。
今までのものよりコンパクトなのでそれもありがたいです。
明日から早速こちらの傘をバックパックに刺しておこうと思ってます。

三菱鉛筆 シャープペン ピュアモルト 0.5 M51025.70 ナチュラル

今日は文房具です
今つかっているシャーペンがだいぶ古くなったので
持った時の感じがよさそうなもの
購入してみました。
明日から使う予定です。
持った感じや、書き心地を試そうと思ってます。

イニシエーションラブ [書籍]

乾くるみの「イニシエーションラブ」を読了
またまた恋愛小説です。
今回は遠距離恋愛がでてきました。
ここんところ何冊か読んでいますが、この設定は
初めてな感じでした。
読んでいると昔の話やなぁと思ってましたが、
読んでいくうちに、80年代後半ぐらいかなぁと思ったりしてました。
男女7人とか公衆電話で恋人通しが連絡し合うあたり
懐かしいなぁと思って読めました。
今の時代ならスマホもありますので、
また違った感じになるんだろうなぁと思ったりしました。
ここにでてくる通話に関してのお金の価値観もちがうでしょうなぁ
今ならLINEとかもありますからねぇ。
当時私はまだ子供だったのですが、
ここにでてきたその当時の用語は大体理解できたので
それも楽しめました
ストーリーについてさらりというと、
コンパで出会った二人が付き合い始めてから、終わりまでというのが本編の内容でした。
その付き合い方もなんだかほほえましく思えたり、自分がコンパに参加した時のことなんかも
ちょっと思い出しました。
そして、付き合い始めてから起こり得る事柄については
そういえばというのもあって、自分にもあったような感じ思い出しました。
この手の恋愛小説の読んでいて楽しみにしている、切ない感じ、
私はこの本にはあったので、よかったです。
終盤に発生することについては、今と時代がだいぶ違うので、
時代に伴う間隔の違いっていうのでしょうか?
今の感覚と違うなぁというところもありました。
終盤あれこれイベントが発生するのですが、もうちょっとうまいやりかたあるんちゃうかなぁと
今ならわかるところあったりしました。
それしても、あの間違いって電話するところちょっと考えちゃいました。
どういう感覚だったんだろうかと。
それから、あの後のそれぞれどうなったか
もうちょい描いてほしいなぁと思ったりしました。

そんでもって、最後の言葉とAtoB面でなんどか読み直しました。

また乾さんの作品は読んでみようかと思ってます。

百瀬、こっちを向いて。

中田永一の「百瀬、こっちを向いて。」を読了
これまたべたべたの恋愛小説です。
タイトルからして、どういう状況なのかなぁと
思って読み始めたら、
4つの別々の話からなる書籍でした。
個人的には、この話にでてくる人間レベルって間隔は
個人的にはわかるかなぁと思ったりしました。
どれも甘酸っぱい感じの話できゅんとくる感じでした。
色恋ものは、自分の人生経験もある程度関係しているような気がするので、すっとはいっていけるものと
なかなか入りずらいものとあるかなぁというところですかねぇ。
4つの話の中では、「キャベツ畑に彼の声」が一番よかったかなぁと思ったりしました。

METRO(メトロ) 木枠フットヒーター(1灯式) 手元電子コントローラー式

自宅の机の脚元がやっぱり寒いので
このようなものを購入しました。
早速つかってますがいい感じです。
これは毎年この時期活躍しそうな
暖房器具って感じになりあそうです。

SHARP プラズマクラスターイオン発生機用カーアダプター IZB15CAR

車でつかっていたプラズマクラスターが
断線したので、買い替えました
早速交換したところ見事に
使えたのでほっと一安心といったところです