So-net無料ブログ作成
検索選択

遠まわりする雛

米澤穂信の「遠まわりする雛」を読了
青空文庫系がいい区切りになったので、
一緒にかりていた古典部シリーズを読んでいる感じです。
今回の話は1年を通して話で総集編っぽい感じでした。
読み終えて思ったことは、
あらためてこのシリーズの歯抜けになっているところを
また借りて読もうということです。
これ数年前にアニメ化された作品のようですが、
絵と読んでいる感じとちがうですけどねぇ。
なんか女の子メインの絵だったようですが、
読んでいると、男の子がメインで話が進んでいるで
どういうことなんだろうと思っているところです。