So-net無料ブログ作成

珈琲店タレーランの事件簿

岡崎琢磨の「珈琲店タレーランの事件簿」を読了
これまたビブリア的な感じの雰囲気が
本から出ていたので借りてみました。
借りてまず思ったのは舞台が京都ということで
まず引き込まれたということと、
市内の地名も結構でてくるので
そうそうというところが多々あり楽しめました。
また事件といっても殺人のような事件は起こりませんが、
話の展開の裏さらに裏とあってそうくるかぁという展開に楽しめました。
続きもまた借りて読んでいきたいと思ってます。