So-net無料ブログ作成
検索選択

夏への扉

ロバート・A. ハインラインの「夏への扉」を読了
また外国タイムスリップミステリー的なものをよんでみました。
コールドスリープが可能な世の中が舞台の
物語で知人と自分の妻に騙された男が
コールドスリープして30年後へきたものの
思っていた世の中とちがっていたので
どうするかというようなものですが、
この手の時空をワープするような話は
あまり読んだことなかったので
新鮮でした。
この手のものは映像では古くはターミネーターとか
アニメでいうとシュタゲですかねぇ。と
思っていたらドラえもんっていうものもあったなぁ
いい作品ですね。
それにしても終盤の時空を差が登るあたりで
戻った時の自分とその時の自分はどうなるのという疑問が
まだありますわ。
またいつか読んでみたいと思います。

THULE THULE Crossover 25L Backpack のチャックが壊れた [デジモノ]

THULE THULE Crossover 25L Backpackを購入して以来、仕事用に大変便利に利用している当方。
使い方は結構パンパンにつめて利用する日もあれば
そうでない日もある使い方をしております。
これぐらいのサイズはちょうど便利使えるサイズかなぁと思ってます。
結構ものが入った時だったと思うのですが、チャックを縫っているところが写真のように
なってしまいました。
重さで負荷がかかってこのようになったのか?
それが起こった日はちょっとショックでした。
その日以来ちょっとチャックを閉めるときには気をつかってつかってました。
それが約半年前の出来事です。
チャックがうまく閉めることができなくなって
ちょっとしたストレスがたまった状態で使っており、いい加減どうにかしないといけないなぁとという時に
そういえばこの製品を購入する際に、保障が長かったのも選定理由にあったなぁということを思い出しました。
調べて問い合わせてみることにしました。
Thuleのサイトをうろついていると問い合わせフォームが見つかりました。
以下にそのサイトのURLを載せときます。
添付ファイルもつけることができたので、今回投稿した写真もおくりました。
結果どうなったか?は次回にでも…
それにしても25年保障ってすごいですわ。
Thule 問い合わせフォーム

nice!(24)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SoundPEATS サウンドピーツ Bluetooth ヘッドセット 片耳 Bluetooth イヤホンD3 ブラック

今まで試したかった片耳タイプのbluetoothヘッドフォン
試したいなぁと
思っていたところ、手ごろな値段のものを見つけたので購入してみました。
このタイプ気を付けないといけないのは
充電ケーブルですな。
調べたところmicroUSBタイプとUSBから専用ケーブルになるタイプのものと
あって
今回購入したものはmicroUSBのものにしました。
専用ケーブルはそのケーブルをもってないと充電できない時点で
いくら便利そうだとしてもパスじゃないでしょうか?
それを複数もっていればOKとうのもあるですが、
それは個人的にはなしですかねぇ。
早速開封して装着したところ
結構フィットしたので明日からこれ使ってみたいと思っております。
ずり落ちないか?ちょっと不安ですけどねぇ

ふたりの距離の概算

米澤 穂信の「ふたりの距離の概算」を読了
古典部シリーズの第5弾です
金曜日から読み始めてさくっと読み終えました。
図書館で借りたのですが、
本作はさくっと借りれたのですが、
この次の作品は95番待ちです。
この次を読むにはしばらくかかりそうです。

アルジャーノンに花束を

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」を読了
今まで名前は聞いてましたが、
読んだことなかったので読みました。
とってもよかったです。
知能障害をもつ32歳の男が
手術をして知能向上を果たしていくって話なのですが、
読み始め驚きの文章から始まりました。
読んでない方は一読することおすすめです。
今回は図書館で借りましたが
今度kindleで購入するか紙のほう手にいれておこうかなぁと思っているところです。

Bluetooth イヤホン スポーツ

ipod touch と一緒に使うイヤフォンとして購入しました。
ちょっと前に購入して放置していたのですが、
ようやく開封してみました。
明日から使う予定です。
開封して思ったことはコントローラー部分がちょっとでかめで結構でかいなぁと思ったりしているところ。
使い勝手はどうなんだろう。
明日楽しみだ。

さみしさの周波数

乙一の「さみしさの周波数」を読了
今週予約して早速借りれますよのメールが届いていたので
借りてきました。
乙一さんには黒と白があるようですが、
これは白の作品でした。
タイトルからしてそんな雰囲気がしますよね。
それにタイトル通りのものかと思っていたら短編4編からなるものでした。
1章1章が短い作品だったのでその日のうちに読み終えることができました。
フィルムの中の少女」って作品は黒っぽかったですが…
個人的には、
1話目の「未来予報 あした、晴れればいい」ってのが恋愛小説ど真ん中って感じがしました。
また主人公の男の子の成長も描かれていたりしてそこもよかったかなぁと思ったりしました。
また乙一さんの作品も読みたい作者リストへ追加していこうかと思ってます。