So-net無料ブログ作成

殺戮にいたる病 [書籍]

我孫子武丸の「殺戮にいたる病」を読了

ミステリー小説で検索してでてきて読む機会があったので
読んでみました。

正直なんどもくじけました。
というのもグロすぎた。
ということでなんども一時停止してましたが何とか読み切りました。
はじめに何人そうなる運命なのか押してくれるので
これが続くのかぁという状態でしたが
何とか読み進めていくとなんとという結果。
そこからはなぜにと読み返しモードになってやられた感も相まみえて
不思議な感覚になる作品でした。

もう一度確認したいようなしたくないようなそんな感じです。
気になるところがあるんですよね。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
RSS RSS1.0 |